2009年07月29日

国語力は大丈夫か?

数日前の麻生総理の「高齢者は働くしか能がない」発言について。
まずマスコミ。

批判が起こるかもって煽ってるのはあんたらやんか。
発言の意味を読み取れればこんなアホな記事は書かへんやろ。

次に野党。
本気で批判してるん?国語力ないやん。
自分でアホをさらしてることに気がつけへんか?
批判するなら「言いたい事はわからんでもないが言い方がまずい。配慮がない」と言えばええのに。
あんたらの批判を聞いて有権者のこっち側(の何割かは)は「アホばっかりや」って思ってるんやで。

最後に国民。
こりゃけしからんって本気で批判してる人。
国語の勉強をせなあかん。
批判するならそれからや。
日常生活でも他人の言った事の意味をきちんと把握してるか心配や。
こんなアホが選挙権持ってるから、マスコミも政治家もアホが多くなるねん。

この人らって、国語のテストによく出てきた「この作者の言いたかったことは?」問題に正解したことないんちゃうか?


posted by 梅吉 at 00:33| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。